エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型):月次報告書(2月末基準)のご案内およびセミナー情報のアップデート

◆◆◆◆ セミナーのご案内 ◆◆◆◆
今年も運用報告会等を各地で開催しております。奮ってご参加ください。
詳細・お申し込みはこちら。
↓↓
http://www.gci.jp/jp/fund/pdf/2017_gci_seminar.pdf
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

さて、2018年2月末基準の月次報告書をお送りいたします。先月のハイライトは次の通りです。
↓↓
http://www.gci.jp/files/fund/fund_18_4.pdf

 

=========
<今月を振り返って>

ドル金利上昇観測などを契機に、昨年来の株高、広範なリスク資産価格の上昇、
変動率(ボラティリティ)の低下に対して、急速な調整がはいりました。
GCIエンダウメントファンドも影響を免れず、一時、過去最大の下落率を記録しています。
4頁、6頁の参考指標の表に最大下落率という項目がありますが、

 

・成長型▲8.6%(1月30日の高値13,226円から2月9日の安値12,094円)
・安定型で▲7.2%(1月30日の高値12,306円から2月14日の安値11,424円)

 

となり、期待リスクの上限前後の変動を記録しました。それ以前の最大下落率は
成長型▲5.1%、安定型▲4.2%(ともに2016年2月にかけて)でしたので、
今回のインパクトの大きさがわかります。
2月単月でみると、成長型▲5.38%、安定型▲4.73%という大きなドローダウンとなり、1月に獲得したリターンの2/3を失った形です。
(以下は本レポートをご一読ください。)
=========

では、今月もよろしくお願い申し上げます。

GCIアセット・マネジメント 投資信託事業グループ

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/