エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

GCIアセット・マネジメント:ポートフォリオ・マネジャーの山本匡がブルームバーグの”WEEKLY BRIEF: HEDGE FUNDS”で、直近の運用戦略について語りました。

ブルームバーグの記事はこちら(Voicesをクリックしてください)

f:id:Endowment:20170906083101p:plain

 

以下はインタビューの抜粋です。

=====
How are you positioned now?

This year, there has been only one major trend in global markets: U.S. equities. Our core position has been long North American equities, which is the main return driver of the portfolio. Some bond and currency positions have worked as a downside risk hedge against our equity position. During the French presidential election in April and May, a long German bund/short French OAT position reduced the risk. For the sharp fall in stocks on May 17, a long Japanese yen position reduced the loss from our equity positions.

=====

 

関連するファンドのパフォーマンス等はこちらのレポートの8ページをご覧ください。

http://www.gci.jp/files/fund/fund_18_4.pdf

=====
ポートフォリオの状況


当月も従来通り独自開発の動的ポートフォリオ・モデルに基づき、世界各国市場の株式市場・債券市場・為替市場へ分散投資を行いました。

 

当月は-0.40%のリターンとなりました。引き続きグローバル金融市場で最も強い動きである米国株式の上昇の収益化を目指す米国株式の買い持ちを主要なポジションとしつつ、資産間の相関関係を活用して株価の下落時に収益をあげることが期待されるポジ
ションが構築されました。

 

前月までは通貨・通貨ポジションを活用して株式の下落リスクに備えていましたが、前月の相関構造の変化を受け、資産クラスを跨いだ取引を縮小し、新たに欧州株式の売り持ちによって米国株式リスクを相殺するポジションが組み込まれま
した。

 

当月初には前月から引き続く損失が発生しましたが、当月中盤から後半にかけてはポジション調整も機能してパフォーマンスが回復しました。

 

収益ドライバーとして米国株式の買い持ちを今後も保有し続ける点に変化はございませんが、前月の相関構造の変化を受け、株価の下落時に備えて保有されるポジションが入れ替えられていっております。今後も最新のデータから相関関係の推定を更新していき
ながら、足下の市場環境に適応していく形でポートフォリオの入れ替えがなされていきます。
=====

 

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/