エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

アリゾナ州立大学エンダウメントが、ブラックロックを外部運用会社に選任

613億ドル(約680億円)の運用資産を保有するアリゾナ州立大学が、ブラックロックを運用会社として選任しました。運用開始は7月1日からとなります。

 

前任はPerella Weinberg(PWP)という運用会社で、オルタナティブ投資を中心とした戦略を提供していました。

 

今回の運用会社の変更は、過去3年間に亘って外部運用会社として運用を行っていた PWPの運用パフォーマンスが不調で、アクティブ運用を見直すとの同エンダウメントの決定が背景にあります。

 

直近1年度(2016年6月決算)のリターンはマイナス4.4%と、同エンダウメントのベンチマークを4.5%ポイントも下回っています。無理をして超過収益を取りに行く必要はないとの判断が働いたとみられます。

↓↓

https://dev-asu-foundation.pantheonsite.io/sites/default/files/asu_foundation_audited_financial_statements.pdf

 

興味深いのは、世界最大級の運用会社であるブラックロックが、エンダウメントの外部運用会社のマンデートを2016年1月からこれまで、約6500億円獲得していることです。

 

エンダウメントのパッシブ化がどれくらい進むか、見ていきたいと思います。

 

(参照記事:https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-06-25/asian-equities-face-flat-start-as-pound-gains-markets-wrap

 

            f:id:Endowment:20170626134135p:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/