エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

ミシガン大学エンダウメントが、非伝統的不動産投資を開始

ミシガン大学エンダウメントは、約1兆1000億円の運用資産を保有する全米有数のエンダウメントです。

 

その資産配分の特徴は、オルタナティブ投資にかなり積極的に運用することです。下図はそのアローケーションのグラフですが、オルタナティブ資産への資産配分は全体の3分の2程度を占めています。

 

f:id:Endowment:20170224113838p:plain

同投資の内訳は絶対リターン戦略が21%、ベンチャーキャピタルが14%弱、未公開株(PE)が13%、不動産が9%、天然資源が7%となっています。

 

さて今回は、この中の不動産部分で運用資産を増やすということですが、非伝統的な不動産に投資するということです。

すなわち、「駐車場」、「高齢者専用住宅」、「介護付き住宅」や「借地住宅」といった、従来のオフィスビルや賃貸アパートといった伝統的な不動産物件とは異なる不動産です。

 

また、別のトランシェでは、「学生アパート」、「医療オフィスビル」、「トランクルーム」にも運用します。

 

不動産投資は家賃収入と物件の値上り益が収益の源泉になりますが、長期運用で果実をとっていく方針に変わりはありません。

 

ミシガン大学の運用方針は、

1.長期運用

2.オルタナティブ投資への分散投資

4.外部運用マネージャーの厳格な選択

5.エンダウメントは非課税運用投資主体であるため、常にトータルリターンを意識

6.運用資産からの分配水準は、株式投資の実質リターンをベースにして、エンダウメントからの支出から切り離した数値を産出。(過剰な分配を行わない)

ミシガン大学エンダウメントの運用報告書はこちら → https://publicaffairs.vpcomm.umich.edu/wp-content/uploads/sites/19/2016/12/2016-Endowment-Profile.pdf

 

というものです。

 

ミシガン大学が、不動産投資の中でもサテライト的な非伝統的不動産に投資できるのも、確固とした運用方針が存在するからでしょう。

 

(参照記事:https://realestate.ipe.com/news/investors/michigan-endowment-increases-investment-in-niche-property/10017649.article

 

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/