読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

エンダウメントに注目される農業・農地投資

ヘッジファンド調査会社・Preqinによれば、ここ10年間で農業・農地に対する投資残高が増えているということです。こうした土地投資、数千年前から存在するオルタナティブ投資の代表格と言えるでしょう。

 

ファンド形式による農地投資への投資額は、過去10年間で約2.5兆円程度、ファンド数で100本程度が設定されています。

 

直近3年では、2013年には約2000億円、2014年には約4300億円、2015年は4200億円程度の資金を集めています。2016年の数字はまだ発表されていませんが、約50本のファンドが資金を集めています。

 

その投資対象地域を見ると、2011年からの累積では約35%が北米の農地となり、2016年に募集中の案件でも、約33%が北米案件ということです。

 

その中のひとつのファンド、TIAA-CREF Global Agriculture IIの主要な投資対象(農地)は北米、オーストラリア、ブラジル、チリ、ニュージーランドとなっています。

TIAA-CREFの農地ファンドの投資方針はこちらのホームページで確認してみてください。

https://www.tiaa.org/public/assetmanagement/strategies/alternatives/agriculture

 

また、下図は農業関連ファンドのリーグテーブルとなります。

http://www.allaboutalpha.com/blog/wp-content/uploads/2016/11/leaguetable.jpg

 

さて、ではこうした農業・農地投資に対する投資家はいったい誰なのでしょう。Preqinによれば、公的年金(約20%)、エンダウメント(14%)、一般財団基金(12%)、私的年金(12%)となっています。

 

また、一部のプライベート・エクイティや実物投資ファンドからも資金が拠出され、全体の6%がそれら投資家からの資金で運用されています。

 

パフォーマンスに関しては、ファンドによってまちまちですが、中には伝統的資産を上回っているファンドがあるのも特徴です。

 

f:id:Endowment:20161205162810p:plain

 

このように、日本では農地や農業が投資対象とは認識されていませんが、グローバルなオルタナティブ投資の世界では、確固とした資産クラスとして認識されているのです。

 

参照:https://www.preqin.com/docs/reports/Preqin-Special-Report-Agriculture-September-2016.pdf

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/