読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

ファンドマネジャーにとっての重要課題:流動性確保

 

f:id:Endowment:20161128114852p:plain

 

最近の資産運用マーケットでの話題といえば、流動性です。

 

ご高承の通り、流動性とは投資対象資産の売買のしやすさとなりますが、売買自体は可能でも売買価格に想定異常の差がある場合(オファ-ビッド差)も流動性に勝るとはいえません。

 

東証一部上場の売買代金トップの個別株と、東証マザーズ出来高最低の個別株で流動性に大きな差があるのはお分かりになりますよね。前者はマーケットがクラッシュしても売るには売れますが、後者は場が立たず売るに売れません。

 

2008年のリーマン・ショック以降の低金利・低成長率下、金融機関は様々な規制によりマーケット・メイク業務(投資銀行や証券会社が市場で相対取引することで、市場の流動性を担保する)に制限がかかるようになり、市場全体の流動性が低くなってきたわけです。

 

したがって、”何とかショック”(最近では”トランプ・ショック”の日本株)で、日経平均株価株価が一日1000円(6-7%)も乱高下したりするわけです。これは何も日本だけの出来事だけではなく、世界的に金融市場のボラティリティは上がっていて、ちょっとした話題でリスク・オフに陥りやすい環境になっているように感じます。もちろん株価だけではなく、為替・債券でも同じような傾向があると筆者は感じています。

 

こうした中、投資家はどうすべきか。大手運運用会社のState Street Corporation と Alternative Investment Management Association (AIMA)は、流動性を管理する対処法を提言しています。

 

1.流動性リスクの”見える化”を図る

流動性低下による複雑化した市場を分析するため、投資戦略の見直しや流動性管理ツールの導入を図る必要がある。同社調査対象の半数近くが流動性管理の困難さを訴え、より高いレベルでの流動性を管理する必要があると考えている。

 

2.ポートフォリオ流動性向上

ポートフォリオ全体の流動性確保のため、投資家もファンドマネジャーもETF、UCITSファンド(欧州統一規則投資信託)、米国40Act法準拠ファンドに対する運用残高を増やす傾向にある。

やはりこちらも、半数以上の回答者が流動性資産への分散を進め、現金保有率も増加させているとのことだ。

 

3.新しい運用手法での投資

流動性確保の観点から、市場関係者はいわゆるソーシャル・レンディングのような形式での資金運用や調達に活路を見出そうとしている。実際、調査対象の約半数がノンバンクやヘッジファンド流動性を提供する上で重要な役割を果たしていると回答している。特に、市場が荒れてボラティリティが高まった際には、ヘッジファンドの果たす役割は大きいと考えられている。

 

そう遠くない将来に、投資信託をはじめとする金融商品が更に小口化し、複雑なヘッジファンドでも毎日売買できるような環境になってくるかもしれません。そういう意味では、FINTECHが絡んで、流動性がないとされてきた金融商品流動性が担保されるようなものになっていくかもしれません。

 

<参考記事>

http://www.businesswire.com/news/home/20161116005199/en/Liquidity-Management-Top-Priority-Fund-Managers-Institutional

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/