エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

イェール大学のエンダウメントが好調な理由 ”Here’s how Yale’s endowment left its Ivy League rivals behind”より

まずは、こちらのグラフを見ていただきましょう。(URLをクリック)

http://on.mktw.net/2eVZgsE

 

これは、米国東部アイビーリーグ8大学の各エンダウメント運用資産の資産配分です。ゼロ%を基準として各資産がどの程度のパフォーマンスを計上したか、資産配分ごとに表したものです。

 

ゼロ以上はプラスリターンで、ゼロ以下はマイナスリターンとなります。

 

実は、エンダウメントにとって2016年度(2015年7月~2016年6月)は厳しい運用期間となり、この8校のうちプラスリターンで終わったのは、イェール大学(+3.4%)とプリンストン大学(+0.8%)だけでした。

 

アイビーリーグを除く、全米のエンダウメント全体の平均パフォーマンスは+2.7%であり、同時期のS&P500指数は+3.25%でしたので、エンダウメントは平均的な米国株のパフォーマンスに劣後したことになります。

 

その中でもイェール大学のパフォーマンスは過去10年平均の約8%年平均リターンには劣るものの、アイビーリーグの中ではトップ・パフォーマンスとなりました。

 

その理由ですが、イェール大学のエンダウメントは他のエンダウメントと異なる点があります。

(1)イェール大学の資産不動産と未公開株に多くが配分され、プラスリターンの多くがそれら2資産からもたらされている。

(2)イェール大学はマネジャー・セレクション(グラフではSelection)でもプラスリターンを得ている。

 

特に(2)のリターンの源泉は外部運用者に委託した部分からの超過リターンであり、ハーバード大学のように総資産の約4割を自己運用する手法とは異なっています。外部運用をすることで、よりよい運用会社を選択できる可能性も追求しているわけですね。

 

エンダウメントの運用手法は一般個人投資家がまねをできるものではありませんが、参考になるとすれば、投資手法や銘柄をコロコロ変えることなく、ご自身が選んだ投資アイデアや投資対象を、我慢強く保有するということなのかもしれません。

 

(参照原文:http://www.marketwatch.com/story/heres-how-yales-endowment-left-its-ivy-league-rivals-behind-2016-10-20

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/