読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

ヘッジファンド概況(2016年8月末) ~ Eurekahedgeのレポートから ~

2016年8月末の世界のヘッジファンド動向が明らかになりました。

 

ヘッジファンドの調査会社であるEurekahedgeによると、全体の状況は次のようなものです。

http://www.allaboutalpha.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/ehedge922.jpg

http://www.allaboutalpha.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/ehedge922.jpg

(1)ヘッジファンド全体では、4ヵ月連続での資金流出となった。流出額は約8千億円だったが、純資産総額ベースでは変わらず。

 

(2)日本関連のヘッジファンドについては、資金流出、純資産総額、パフォーマンスすべてが前月末と変わらず”フラット”。純資産総額は約1.7兆円。

 

(3)北米ヘッジファンドは好調。8月は、パフォーマンス・ベースで純資産総額が800億円程度増加し、資金流入は約100億円。6-8月では、パフォーマンス・ベースで純資産総額は約2兆円増えたが、顧客資産はネットで資金流出。

 

(4)欧州ヘッジファンドの純資産総額は、8月末で約53兆円。8月単月で見た場合、資金流出となり、リターンはわずかにプラス。

 

(5)戦略別では、CTA/managed futuresのパフォーマンスが不振で、純資産総額を約7千億円減少させた。資金流入は約700億円のプラスとなった。CTA/managed futures 全体の純資産総額は約25兆円で、年初来での資金流入は約1.2兆円。

 

(6)同様に、年初来で最もパフォーマンスが振るわなかった前略はマルチストラテジー。純資産総額で1.5兆円の減少となったものの、それ以外の戦略ではパフォーマンスはプラスで終了。

 

加えて、テール・リスクのボラティリティが上昇しているのと、中南米関連のロング/ショート戦略が特徴的であった。背景には、米国の利上げやブラジルの政権交代が材料になったことがある。

 

http://www.allaboutalpha.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/ehedge2916.jpg

 

http://www.allaboutalpha.com/blog/wp-content/uploads/2016/09/ehedge2916.jpg

 

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/