読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

Manged Futures(マネージド・フューチャーズ)戦略の基礎 その2

 f:id:Endowment:20160913121631j:plain

 

Manged Futures(マネージド・フューチャーズ)が先物(Futures)を管理(Managed)して収益を上げる運用戦略であることは、前回申し上げました。

 

また、投資対象資産が株価指数金利指数/国債先物・為替先物・商品先物といった金融商品先物であり、これらの資産を組み合わせてポートフォリオを構築しすることもお伝えしたとおりです。

 

では、こうした多数の資産をどのように選択して、どう組み合わせれば収益性を持ったポートフォリオを組めるのでしょうか。

 

実はそこがマネージド・フューチャーズのポイントです。

 

商品も入れると、マネージド・フューチャーズの投資対象は50や60ではききません。上場先物からCFD(Contract for difference)という相対取引も入れると、1万を超えると言われます。

 

その中から、どうやって投資対象を選んでポートフォリオを組成するのか・・・。

 

いかにポートフォリオ・マネジャーが優秀だとしても、一つ一つの対象資産を手計算でシミュレーションし、過去のデータから値動きを推定し、様々なイベント下でどのような動きをしてきたか等を対応するのは不可能です。

 

ここで登場するのが、ポートフォリオを構築するためのツールである計量モデルです。計量モデルにはポートフォリオ・マネジャーや運用会社によって、いろいろな考え方に基づいて設計・運用されます。

 

数理ファイナンスの世界で研究対象となっている理論をベースとしたものから、宇宙工学を基本としたものも存在すると聞きます。このように、過去のデータ分析やトレンド予想などを統計的・計量的に数理分析することから、こうしたアプローチはクオンツと呼ばれます。

クオンツは、英語のquantsからきており、もともとはquantitative=統計的・計量的という形容詞)

 

したがって、マネージド・フューチャーズポートフォリオ・マネジャーは統計的・計量的素養が不可欠で、運用を支えるクオンツ・アナリストにも同様の能力が必要で、理系出身者がほとんどを占めています。

 

残念ながら、日本の資産運用業界では理系人材はまだまだ少なく、クオンツ分野で欧米に後塵を拝しているのはさもありなんかな、ですね。

 

次回はマネージド・フューチャーズの収益機会である「トレンド」についてお話しします。

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/