読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

ノースウエスタン大学のエンダウメントが、新薬ロイヤリティ収入で運用資産を増加

米国においては産学連携による研究開発は日常的に行われていますが、医薬の分野も例外ではありません。

 

本日取り上げる事例は、ノースウエスタン大学の事例です。同大学は米医薬品大手のファイザーと抗神経痛薬(Lyrica 日本名:リリカ)を共同開発し、現在までに約1400億円ものロイヤルティを受け取っています。

 

このリリカは現在までに約1兆円の売上を上げて、ファイザーの売上高に大きく貢献しています。

 

ファイザーと同大学の事例は特別なものではありません。各大学とも研究資金を得るためにロイヤリティ収入を確保する事例は増えてきているとともに、製薬会社も初期段階の研究開発に大学での研究成果に大きな期待を寄せてきています。

 

例えば、プリンストン大学はイーライリリー社から抗がん剤の製品化で約500億円のロイヤリティを得ています。

 

こうした事例は、エンダウメントが投資先として製薬会社を選ぶというよりも、共同研究開発を通して、結果的に報酬を得ているかたちです。

 

ただし、将来性が豊かなスタートアップ企業や未公開企業に投資するのも、新薬の開発に携わって製品化後ロイヤリティ(≒配当)を得るのも、長期投資という観点では似通っています。

 

エンダウメントの多様性を物語る事例ですね。

 

www.fiercepharma.com

 

f:id:Endowment:20160825165326p:plain

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/