読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型)の最新月次報告!!

くわしくはこちらをどうぞ!

http://www.gci.jp/files/fund/fund_19_4.pdf

~7月を振り返って~

 

7月は絵に描いたようなリバウンド相場となりました。

GCIエンダウメントファンドは、成長型で+3.29%、安定型で+2.29%のリターンを獲得しましたが、投資配分しているすべての資産クラスがプラス貢献しています。

 

6月の大荒れ相場でヘッジ効果を発揮したオルタナティブ戦略(GCIシステマティック・マクロファンド)は、7月もプラス貢献しました。

 

もっとも、運用責任者の山本が後述している通り、当面は市場の潮の変わり目で一進一退となり、一時的にはドローダウンが生じる可能性があります。

しかしながら、伝統資産への分散ポートフォリオが苦戦する環境で踏ん張ることが、

長期累積でのパフォーマンス格差に貢献するものと考えています。

 

足許は落ち着きを取り戻した感がありますが、悪材料に対する市場の反応が、

各国当局の危機対応の結果として早々に反発したように、立ち直りも短命に終わる展開が予想されます。

 

しばらくは一進一退と考えています。

 

市場環境の認識は、下記リンク記事をご参照ください。

http://toyokeizai.net/articles/-/129020

 f:id:Endowment:20160811174228p:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/