エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

マルタ金融当局がヘッジファンドをオンショア化

地中海に浮かぶマルタ島は、知る人ぞ知るオフショア金融センターです。

 

最近、マルタ共和国の金融当局・Malta Financial Services Authority(MFSA)が同国で取り扱っている代替投資ファンド(ヘッジファンド)をオンショア化するという発表を行いました。

http://bit.ly/1sRjCst

 

オンショア化”というのは、こういうことを意味します。

 

通常、ヘッジファンドは国内投資家向けではなく、オフショアセンターで設立され海外の投資家に販売されるものです。今回のオンショア化とは、マルタはEU傘下にあるため、同地で登録されているヘッジファンドをEU共通の投資信託規制であるUCITS(=Undertakings for the Collective Investment in Transferable Securities”)に準拠させようとするものです。

 

UCITSファンドになると、EUのどこの国でも販売ができるので、マルタにとっても資産運用会社にとってもビジネスチャンスの拡大となります。ただし、同様なことはルクセンブルグアイルランドでも展開されており、各オフショア市場間での競争が激しくなることを意味します。

 

マルタがかかるヘッジファンドの誘致を図れる背景には、次の要因があります。

  • 確固とした金融規制・金融当局の管理
  • 優れたインフラ(IT、英語人材)
  • ファンド設立・維持コストの競争優位

 

いままではヘッジファンドの設立はケイマン諸島が主流でしたが、こうしたことを機にグローバル化が拡大するかもしれません。

 

ちなみに、マルタ共和国の経済成長率は過去5年(2011-15)で年平均3.7%と、かなり好調を維持しています。国民一人当たりの購買力平価GDP(米ドル)ランキングも35,825ドル(33位)と日本の38,054ドル(30位)と比べて全く遜色が有りません。

 

f:id:Endowment:20160603164204j:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/