エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

JGB(日本国債)トレーダーは、コンピューターに取って代わられる?

日本国債の利回りが、10年債までマイナス金利です。10年間投資して、元本割れで償還されるイメージです。

 

こういう状況では、債券投資でリターンが稼げないため、債券トレーダーにとっては悪いニュースです。

 

もちろん、日銀やその他金融機関が国債を買い続けて、価格が上昇基調であればいいでしょうが、未来永劫続くとは考えられません。

どの債券を買ってもマイナス金利なら、取引コストを最小限にしようとするのが道理です。

 

取引コストは、人件費(トレーダー、バックオフィス)、ブローカレッジ、資金調達コストなどなどです。今のところ、預金金利をマイナスにはできないので、この部分に相対する国債投資リターンは確実にマイナスです。ブローカレッジは、かかる環境下、すでに最低になっていると思われます。

 

そして人件費です。やっかいな問題ですが、リターンを上げられない部署に予算を貼り付けるわけにはいきません。

生身の人間が取引しても、コンピューターが取引しても結果が同じであれば、24時間文句言わずに働き続けるコンピューターに軍配は上がるでしょう。

 

すでに、個人の資産運用の世界にでさえ、「ロボ・アドバイザー」なる概念で、ETFを自動的に組み合わせてポートフォリオを作成する投資一任サービスが出てきています。

単品の債券を買うだけなら、条件を入れれば市場で取引可能な銘柄は自動的に抽出され、ボタンひとつで執行できるはずです。

もちろん、そのボタンを押す人が必要ですから、最低限のスタッフは必要なのですが。

 

株式は銘柄選択能力において、天才的なファンドマネジャーもいますので、なかなかコンピューターには対処できないでしょう。

しかしながら、将棋や碁ではコンピューターが、名うての棋士に対し目覚しい成果を上げています。

 

マイナス金利はひょっとして、金融機関のディーリングルームの生産性向上に資することになるかもしれません。

 

f:id:Endowment:20160418170058j:plain

JGB traders to be replaced by computers?

 

JGB yields up to 10 years are negative. This means that when you buy and hold 10-year JGB until redemption you will lose principal.

This is bad news not only for investors but also JGB traders in the market since they cannot make money investing in JGBs anymore.

 

If, luckily, the Bank of Japan and other financial institutions continue buying, JGB prices go up. But, it is not sustainable, anyway.

So, to avoid negative returns, JGB buyers intend to minimize costs incurred from trading.

 

Trading costs consists of payrolls (traders, back offices and operations), brokerage and capital costs. As for the capital costs, banks cannot lower the deposit rate less than zero percent so the return from JGB investment for excess deposits is surely negative. Brokerages have already had significant cuts in light of the longstanding zero interest rate era for the last 20 years.

 

Then, salary. Even if this is a very tough problem, the management cannot allocate the budget to the departments that cannot make money.

If a human trader and computer trade can achieve the same result, a computer that works 24/7 can easily beat humans.

Even now, there is a personal SMA (separated managed account) service, called “Robot  Advisor”, which constructs the best portfolio with selected ETFs and provides clients with an already screened profile based on the client's needs.

 

Negative interest policy will probably help raise the productivity of traders, either humans or computers, in the near future.

f:id:Endowment:20160418170058j:plain

 

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/