エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

円ヘッジが必要な理由

どうも日本の投資家(または、金融商品を販売している金融機関)は、外貨建て資産を持っていればいつか円安になって、円ベースの資産価値が上がると思っている節があります。

 

もちろん、ここ数年の円安傾向(1ドル=80円 → 120円)を否定するものではありませんが、直近ピークから10%以上の円高になっていることは、どうも多くの投資家はお忘れのようです。

 

例えば、その10%を日本国債のリターンで得ようと思えば、30年国債(利回りは約0.4%)を持ちきるレベルのリターンです。

つまり、為替変動で損失を出してしまうと、取り返すのは至難の業であるということと、為替差益を得ようと思っても相対的によっぽど円高の時に、外貨建て資産を購入しない限り、為替差益は得られません。

 

加えて、円安時にその資産を売却しない限り、実現益は取れないのです。

結論を急ぐようですが、円で投資する日本人投資家は円ベースのリターンを常に念頭に置くべきで、いたずらに為替差益を期待してはいけないということです。

 

つまり、外貨建て資産に運用する際、円ベースでどれくらいの利回りになるのかイメージできないような投資はやめておいた方がいい、ということですね。

 

話は変わりますが、足元で最も売れている投資信託の資産クラスは、「米国リート」か「グローバル・リート」です。米国もしくはそれ以外の国の不動産投資信託を投資対象とする投資信託ですね。残高合計額は上位5本で、約5兆円弱になるかと思います。

 

これらのファンドはすべて外貨建て(米ドル、ユーロ、その他通貨)リートに運用しますが、為替ヘッジはしていません。つまり、為替変動リスクを100%負っているのです。

未来永劫、ドル高が続くのであれば悪い戦略ではありませんが、すでに円安は直近ではピークをつけました。

 

もちろん、米国リートは過去20年くらい、ドルベースで平均10%程度のリターンを計上しています。信託報酬控除後で8.5%とすると、5年間運用すると約50%のリターンですから、円高が進行して1ドル=72円くらいにならない限り、円ベースのリターンはプラスをキープできます。(108円÷1.5≒72)

もちろんシナリオは円高が直線的に進むと言うことですから、5年間のうちに円高と円安を繰り返す想定ではありません。(想定できません。)

 

この米国/グローバル・リート・ファンドが販売好調なのは、分配金利回りが高い(年間平均20%超)ことが最も大きい要因ですが、賢明なる投資家は次のことをよく考えなければなりません。

 

(1)10%のリターンである原資産(例:USリート)を組入れた投資信託が、なぜ20%もの利回りを出せるのか。

(2)為替差益や差損はどのくらい負っているのか。

(3)アメリカではコア資産ではない不動産投資信託が、なぜ日本でコア資産なのか。

(4)為替リスクのないJリート(日本のリート)が注目されないのはなぜか。

 

すべての質問に回答できたら、読者のあなたは投資の黒帯です。

 

f:id:Endowment:20160418165645j:plain

 

Why we need currency hedging?

 

It seems to me that most Japanese investors think they can make money by investing foreign assets in the US dollar, Euro and so on.

This is because they always expect the yen to depreciate against foreign currencies all the time.

 

Of course, there was a weakening of yen in the last few years(1$=80 yen to 120 yen ). Though, many investors forgot the yen had advanced approximately 10 percent against the dollar since the beginning of this year.(1$=120 yen to 110 yen).

 

When you want to recover 10 percent loss from your portfolio invested in the dollar, you must buy and hold 30-year JGB with 0.4% annual return in order to earn accumulated 10 percent interest.

 

As such, once you make a loss from currency deals, it is very difficult to recover from the loss soon. Additionally, when you want a foreign exchange gain, you must buy that foreign currency at a deeply cheaper price against the yen.

Then, you cannot realize the gain from the deal unless you sell the foreign asset at a higher dollar price against the yen.

 

Conclusion: Japanese investors should not easily expect a foreign currency gain from foreign assets and should measure their return only in yen.

 

In other words, it is better to invest in financial products or funds that you can roughly calculate how much their annual returns are in yen. 

 

Let’s change the subject a little bit.

 

The asset classes of the five top selling funds in Japan are “US Reit” or “Global Reit”, which are  real estate investment trusts either in the U.S. or other countries, except Japan. The total assest under management of these five funds is about 5 trillion yen ($45 billion).

 

 These funds do not apply to currency hedging and are open to foreign currency risk. Investors are totally exposed to foreign currency risks, arising from the currency fluctuation against the US dollar, Euro and so on.

Investing in those funds is a good idea as far as the yen’s depreciation continues, though, the peak seems to have gone passed..

 

For the last 20 years, the average annual return of US Reit is around 10 percent in dollars. If you invest in some US Reit fund, the annual return is expected to be about 8.5 percent deducting management fee of 1.5 percent per annum. If you keep on investing in the fund for five years, you will be able to earn 50 percent return in dollars.

 

You can earn a positive return in yen as well unless the yen’s appreciation goes further to 1$=72 yen level in five years. (108 yen÷1.5≒72 yen)

Also, this scenario is based on the view that the weakening yen goes linear rather than fluctuating up and down. It is very hard to calculate how the yen moves.

 

There are some reasons below why those five funds are selling very well in Japan. If you are a smart investor, first you should answer the questions below and then decide whether to buy these fund for your portfolio.

 

(1)Why can the funds generate 20% dividend payout ratio in yen from the Reits that can only generate a 10% annual return in dollars?

(2)How much do investors owe foreign currency risks?

(3)Reits are “satellite” assets in the US but they are “core” assets in Japan. Why?

(4)Why is J-REIT(Japan’s Reits) with no foreign currency risk less popular than US Reits?

 

Now, if you can answer these questions, you must be a black belt in investment.

 

f:id:Endowment:20160418165645j:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/