読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

アルファ(α=超過収益)の源泉はどこにあるのか? (ロングオンリー・ファンド)

αは資産運用における超過収益を指します。つまり、ロングオンリー・ファンドであれば株価指数や債券指数のパフォーマンスを上回る収益のことを指します。(もう少し狭義には、リスク調整後の超過リターンでもあります。)

 

ここで言う株価指数とは、株価なら日経平均株価TOPIX東証株価指数)、S&P500(米国株)、債券指数なら(あまり一般的ではないですが)、シティグループ世界国債指数やバークレイズ・キャピタル米国国債指数などが上げられます。

 

一方、ヘッジファンドは絶対リターンを追及しますので、明確なベンチマークを設定することは少ないですが、HFRX(ヘッジファンド・リサーチ・インデック ス)、クレディスイスCredit Suisse / Tremont LLC)、ユーレカヘッジ(Eurekahedge)などのれぞれの戦略に基づいた指数を参考指標にして、ヘッジファンドのパフォーマンスの比較に使われる例が多いですね。

 

では、超過収益をどのように出していくのか、です。

 

ヘッジファンドではないロング・オンリーのファンド、特に株式ファンドであれば銘柄選択が超過収益の源泉になります。どの銘柄が日経平均株価TOPIX東証株価指数)よりも上昇するかを予想してポートフォリオに組入れます。つまり、この銘柄選択が奏功して超過収益が得られるかどうかは、ファ ンドマネジャー個人の力量ということになります。

 

しかしながら、現在はこうしたロングオンリーのファンドマネジャーにとっては受難の時と言えそうです。なぜなら、IT化が進行し、企業の情報開示が拡大 し、プロのファンドマネジャーと一般投資家間の情報非対象性が崩れてきています。言い換えれば、情報量にそれほど差がなくなってきている、ということで す。

 

加えて、その企業にとって本当に重要な情報は内部でさえ知ることはできません。大企業の不祥事がごく一部の役員しか知らず、不祥事露呈により株価が暴落す ることが頻発するのはこのためです。まして外部のファンドマネジャーが、そのような情報を入手するのは不可能で、多くの場合、ポートフォリオに組入れたま ま株価の回復を待つという受動的な運用をさせられているのがほとんどだと思います。

 

アクティブ運用で超過収益を狙ったにもかかわらず、暴落後はパッシブ運用となっているのは誠に皮肉な光景です。

 

また、組入銘柄数が少なければ少ないほど、パフォーマンスの振れが大きくなり、運用ガイドラインに抵触する可能性があります。逆に組入銘柄数が多ければ多いほど、パフォーマンスは指数のパフォーマンスに近づき、超過収益を獲得するチャンスは限りなくゼロに近づきます。

 

銘柄選択能力に秀でたファンドマネージャーがいないというわけではありませんが、情報過多、低成長社会となった今、企業の将来性を見通すことが要求されるファンドマネージャーにとっては受難の時代でもあります。

 

f:id:Endowment:20160401151258p:plain

How fund managers get alpha?

 

Alpha(=α), often defined as the active return on an investment, gauges the performance of an investment against a market index and is used as a benchmark. Long-only active equity funds are expected to earn higher alpha against their benchmarks such as equity indexes and so are long-only active bond funds higher than bond indexes.

 

Equity indexes are, for example, S&P500, FTSE100 and DAX. Bond indexes are Citigroup World Government Bond Index, Barclays Capital US Treasury Index and so on.

 

While, hedge funds pursue absolute return, they prefer setting their reference indexes to actual benchmarks, using HFRX(Hedge Fund Research Index), Credit Suisse / Tremont LLC index and Eurekahedge for each strategy.

 

Let’s see how active funds earn excess returns.

 

For long-only funds, especially equity funds, the source of excess returns are based on stock selection. So, it’s all up to fund managers whether they can pick good stocks that will make excess returns than the benchmarks in the future. In other words, stock-picking skill is literally value-added of the fund or fund manager.

 

However, now is a hard time for such long-only stock pickers because there are few differences between professional investors and ordinary individual investors when it comes to getting information for investment decisions. Advancement of IT technologies and further disclosure requirement have made professional players compete with amateurs in the same boat.

 

In addition to such evolutions, internal information that only a few executives know is hidden and unobtainable in many cases. We see some corporate scandals revealed suddenly and the stock prices dramatically dropped because, for example, nobody knew about the scandals except the president. Toshiba’s case is atypical; Their financial statements have been made up by three consecutive president for 10 years or so in order to cover up the huge loss which occurred in the nuclear power plant business.

 

This means that no fund manager can sell the stock before the bad news comes out. Then, they are forced to hold the stock until the price comes back. This is not active but a very passive investment strategy anyway.

 

Also, technically speaking, the less stocks the portfolio has, the more volatile the portfolio becomes. The more stocks the portfolio has, the closer the performance is to its benchmark. Thus, there is less opportunity to get excess return from the portfolio.

 

Although there are always excellent fund managers who are highly capable of stock-picking at any time, it is also true that it is very hard for fund managers to find out the potential of the companies they invest in. Like or not, we are facing low-growth economies now.

 

Besides, because of its higher ratio between management fee percentage and yields, bond funds are getting harder and harder to obtain excess returns.

f:id:Endowment:20160401151258p:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/