読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

マイナス金利下でのヘッジファンド運用 その2   Hedge fund strategies under the negative interest rate policy #2

http://www.gci.jp/jp/fund/

 

前回は債券運用が苦しい一方で、プラス・リターンを上げているヘッジファンドの戦略を紹介しました。

今回は、そうしたヘッジファンドの戦略について説明し、なぜそうした戦略がプラス寄与しているのかを分析したいと思います。

 

まずヘッジファンドには、大きく分けて8つのの戦略があります。(HFRIの分類に準拠します。)

 

 

(1) Equity Hedge(エクイティ・ヘッジ)

 

これは株式Long-Short(ロング・ショート)戦略とも言われます。株式の買い(ロング)と売り(ショート)を組み合わせる戦略です。

例えば、トヨタ株を買って、ホンダ株を売るような戦略です。一方が買い、もう一方が売りですから、市場が上がろうが、下がろうがどちらにいいっても損はしないというポジションです。

つまり、株価全体の変動に対してヘッジをしているわけです。

一方、ポートフォリオ・マネジャーがこのポジションを構築した理由は、上昇相場ではトヨタはホンダより上がり、下げ相場ではホンダはトヨタより売られると考えているからです。

 

直近ではエクイティ・ヘッジ戦略で奏功しているのはShort Bias Indexです。(別添) これは2016年に入り、下げ相場となったところで、ベアマーケットに賭けていた戦略が大当たりしたということでしょう。

 

 

(2) Event Driven(イベント・ドリブン)

これは、倒産、合併、買収、部門独立といった企業イベントが発生する際に、株価の非効率性(割安・割高)に着目する戦略です。

例えば、A社がB社を買収する意思を示したとしましょう。通常、被買収企業のB社株は買収予定価格くらいまでは買われます。しかしながら、その買収が不調に終わるかもしれないと投資家が判断すれば、B社株は低迷します。

足元では、台湾の鴻海精密工業によるシャープ救済案件がもめているようですが、これなどは好事例ですね。買収発表後に180円程度まで急騰したシャープですが、偶発債務の有無をめぐって未調印が伝わると、120円程度まで下げています。

イベント・ドリブン戦略のポートフォリオ・マネジャーは、この案件をどのように考えているか、聞いてみたいものです。

イベント・ドリブン戦略は過去3年、5年とも+3%程度のリターンを安定的に上げています。

 

 

(3) Macro(マクロ)

 

直近1カ月でも、3、5年でも、プラスリターンを計上しているのがマクロ戦略です。この中にはいろいろな戦略が含まれますが、ポートフォリオ・マネジャーが自らの相場観に基づき、株価、金利(債券)、通貨、商品などの価格変動にレバレッジを掛けながら収益の極大化を図る戦略です。

“Macro”と言われる所以は、こうした金融商品の価格変動に表れる背景に、今後の世界経済や政治動向の変化、需給の変調などが金融市場だけではなく実体経済にも与える影響があるからです。つまり、Macro(大きな)変化をとらえて、収益化するというところから来ています。

この戦略の成否には、ポートフォリオ・マネジャーの個人的能力、プログラム運用の場合には、そのプログラムの優秀性が問われます。

 

 次回も各戦略の解説を続けます。

 

f:id:Endowment:20160304153402p:plain

<English>

Hedge fund strategies under the negative interest rate policy #2
http://www.gci.jp/jp/fund/

In my previous post, I introduced some hedge fund strategies that have earned positive returns in a very difficult environment.

Today’s discussion explains these successful strategies and why they have been performing positively so far.

According to HFRI, there are eight major strategies for hedge funds.

(1) Equity Hedge

As the most common type of hedge fund strategy today, Equity Hedge is also known as Long/Short Equity. This strategy buys stocks that are undervalued and short-sells stocks that are overvalued. This strategy may commonly employ variable exposure as well as the use of leverage.

For example, you buy Toyota stock and sell Honda stock by borrowing that stock from a broker. When the stock market moves up or down either way, you won’t lose a tremendous amount of money because this long and short position covers both directions as well. You may think that Toyota goes up more than Honda when rallying and Honda goes down more than Toyota when dropping.

A fund manager typically attempts to reduce volatility by either diversifying or hedging positions across individual regions, industries, sectors and market capitalization bands and hedging against undiversifiable risk such as market risk. In addition to being required of the portfolio as a whole, neutrality may in addition be required for individual regions, industries, sectors and market capitalization bands.

As attached, the most outperforming strategy to date is Short Bias. This reflects the recent bear market condition since the beginning of this year. So, those who bet on the bear seemed to have made a lot money in January.

(2) Event Driven

Event-driven investing is an investing strategy that seeks to exploit pricing inefficiencies that may occur before or after a corporate event, such as a bankruptcy, merger, acquisition or spinoff.

To illustrate, consider what happens in the case of a potential acquisition between Hon Hai Precision Industry and Sharp. When Hon Hai signaled its formal intent to buy Sharp in January, the stock price of Sharp rose typically from 120 yen to 180 yen per share. However, when Hon Hai reportedly found Sharp’s possible contingency liabilities after the board meeting, the stock dived again to 120 yen.

I would like to ask some Event Driven fund managers, whose stocks have performed about 3 percent annually in the last 3 and 5 years. how they treat this case as an investment strategy

(3) Macro

Macro strategies have had steady positive returns for one month, 3 and 5 years. These strategies are the driving force behind a hedge fund manager's ability or its program to generate returns for his investors, investing in stocks, interest rates(bonds), currency, commodities and their futures and options.

One of the most prolific strategies is the global macro strategy, which focuses on investing in instruments whose prices fluctuate based on the changes in economic policies, along with the flow of capital around the globe. As such, since the strategy employs a broader range of global instruments, it is called “Macro”.

I will continue discussing how each strategy works next week as well.

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/