エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

ヘッジファンド活躍の裏にプライムブローカーあり

ロングオンリーのファンドとは異なり、ヘッジファンドは様々な戦略が並立するため、個々の戦略はある意味ベールに包まれています。

 

なぜなら、その投資戦略を開示すると、マネをする競合他社が現れてもおかしくはありません。人知れず、市場のゆがみやミスプライシング(=値付け相違)から収益を上げるヘッジファンドにとって、手の内を晒すことは致命的なこともあり得るからです。

 

一方、ヘッジファンドにとって、なくてはならないのがプライム・ブローカーといわれる投資銀行の面々です。

 

ここで言う投資銀行とは、一般には外資系証券会社として名をはせるゴールドマン・サックスドイツ銀行UBS銀行クレディ・スイス、SG、Wells Fargoといった金融機関を指します。

 

彼らがヘッジファンドに提供するサービスは、レバレッジのための信用供与(資金供与)、有価証券の貸出や借入、資金決済のサポートや、そのファンドのマーケティングと多岐に亘ります。

 

こうした金融インフラがないと、ヘッジファンドも成り立たないんですね。

 

リスクあるところに収益あり。ある意味外資系金融機関のガッツを感じます。

 

http://www.hedgefundintelligence.com/

 

 

f:id:Endowment:20151102192005p:plain

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/