エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

最新版「バフェットからの手紙」~ 資産運用の基本の”き”

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === ウォーレン・バフェット氏が占う「今後の投資環境」 毎年、2月下旬頃になると、米国の投資会社「バークシャー・ハサウェイ」の会長兼CEOであるウォーレン・バフェット氏は、年次報告書、いわ…

なぜインフレ国の通貨は弱く、高金利国の通貨は安くなるのか

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === 世界的に低金利が続くにもかかわらずハイパーインフレ(極超インフレ)になっている国といえば、ベネズエラ、南スーダン、コンゴがトップ3。2017年の年間インフレ率はそれぞれ、1100%、188%…

祝! 『一億人の投信大賞2018』において、“GCIエンダウメントファンド(成長型)”及び“GCIエンダウメントファンド(安定型)”がそれぞれ1位及び 2位に選定されました。

=== 一億人の投信大賞とは 「普通の人が普通に長期投資で資産形成をするため」という視点で良い投信を徹底的に探してみよう!ということで企画したのが「一億人の投信大賞」です。 5783本の対象ファンドから絞り込んだ134本、その中から優秀ファンドを選…

全米一位の学生1人当たり資産規模、ロックフェラー大学が運用戦略を募集中!

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 ===米国ニューヨークにあるロックフェラー大学は、医学系の大学院大学として知られ、かつての石油王・ロックフェラー氏が1901年に設立した「ロックフェラー医学研究センター」を前身としています…

いまさら聞けない「なぜリスクオフになると円高になるのか」

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === 世界で最強の通貨は何かと聞かれれば、ほとんどの方が「ドル!」と答えると思います。「ドル」はもちろん「米ドル」のことで、「カナダ・ドル」でも「オーストラリア・ドル」でもありません。…

GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型)が、「みんかぶ投信」で紹介されました。

ぜひ、ご一読を!! itf.minkabu.jp

超人気商品? 上場投資信託(ETF)が存在感を増す裏で起きていること

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === 資産運用に詳しい方なら、ETF(上場投資信託)はご存じだと思います。ETFとはExchange Traded Fundの略で、株式と同じように証券取引所(東京証券取引所)に上場されている投資信託です。投資…

先週、楽天証券・IFA 投資信託セミナーで講演いたしました。

先週、楽天証券・IFA 投資信託セミナーで講演いたしました。 当日は多くのIFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)の方々にお集まりいただき、エンダウメント投資戦略をお伝えすることが出来ました。 当社はこれからも、IFAのみなさまをサポートしてい…

外人投資家が殺到! 株価が下がり、Jリート価格が上がる背景

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === リート(REIT)とは「Real Estate Investment Trust」の略称で、投資対象を商業不動産とする不動産投資信託のことです。わかりにくいと思いますが、賃貸オフィスビルや賃貸マンション、ホテル…

お金が貯まらない人、リボ払いの危険をおかしていませんか?

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === 多くの人はお金を貯めようと思いますが、なぜでしょう。当然ながら、お金がないと生活ができませんし、急な要りようや将来が不安だといったこともあるでしょう。加えて、日本人のDNAにしみ込…

栃木銀行の「投資信託オフサイト(於:鬼怒川温泉)」に参加。

週末は、同行が開催した「投資信託オフサイト」に参加しました。 運用会社は3社参加し、勉強会と懇親会を楽しみました。 テーマは個別ファンドの深堀りと、運用会社・販売会社をとりまく環境について自由にディスカッションをいたしました。 運用会社と販売…

GCIエンダウメントファンド(安定型): 「モーニングスター ファンド オブ ザイヤー 2018」”優秀ファンド賞”を受賞!

みなさま、 いつもお世話になっております。 さてこの度、当社のGCIエンダウメントファンド(安定型)が「モーニングスター ファンド オブ ザイヤー 2018」のバランス型 部門で”優秀ファンド賞”を受賞いたしました。昨年のGCIエンダウメントファンド(成長型…

油田で稼ぐテキサス大学、広さは北海道にほぼ匹敵

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === あまり知られていませんが、米国のテキサス大学の大学基金(エンダウメント)の運用資産は、ハーバード大学の約4.3兆円に次いで、約3.4兆円と全米第2位の規模となっています(ちなみにイェー…

なぜ投資すると負けることばっかり考えるのか? 相場心理を克服する方法

LIMO/Yahoo!ニュースへの配信記事をお送りいたします。 === 金融商品への投資のみならず、資産運用される方は大なり小なり相場心理の影響を受けます。 すなわち、「損したらどうしよう・・・」というアレです。 相場心理を利用してトレーディングで儲け…

「元本確保型投資信託」が元本保証できない理由

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 === 日本で販売されている投資信託(ファンド)は約5000本と言われています。毎月30~40本の新規ファンドが設定され、ほぼ同数のファンドが償還されます。したがって、世の中で出回っているファンド数は、ほぼ5000…

ハーバード大学はどんな企業に投資しているのか? 

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 === 日本ではあまり知られていませんが、米国では1億ドル(約113億円)超の運用資産を保有する機関投資家は、四半期ごとに米国証券取引委員会(SEC)に13Fと呼ばれる米国上場株式の保有明細レポートを提出しなけれ…

投資信託で「しまった…」となる前に知っておきたい下値変動リスクとは ~ソルティノ・レシオって何?~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 === 値動きのあるリスク資産、たとえば株式や為替、そして投資信託等を運用されている個人投資家のみなさんは、その運用成績をどのように判断されているでしょうか。 AとB、どっちが優れている? 仮に、ファンドAと…

それでも人はポテトチップスを食べる 〜シュリンクフレーションの時代~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 === 日本のインフレ率は190カ国中174位 日本のインフレ率は2000年代に入りマイナスとなり、その後一時的に上昇したものの足元では再びコンマ数%に下落。世界のインフレ率ランキングでも190カ国中174位と、ごく低位…

不動産投資の本質は家賃収入だけではない ~うまくいく確率を上げるには?~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 === 不動産大手CBREの調査レポートによれば、東京主要3区(千代田区、中央区、港区)の賃貸商業ビル※の需給動向は相変わらずタイトとなっています(※坪当たり2万7000円から5万000円までの大規模・中小規模の賃貸商…

日本人はみんなバランスファンドを買っている!? 年金積立金はどう運用されているのか

LIMOへの配信記事をお送りいたします。 ===みんなバランスファンドを買っている」と聞けば、いやそんなファンド買った覚えはないとおっしゃる方がほとんどでしょう。でも資産運用に興味がある方もない方も、好むと好まざるとにかかわらず、みんなやっぱり…

新販売会社加入のお知らせ:”マルチアセット・ストラテジーファンド 愛称:なごみの杜”

掲題の件、本日より株式会社東和銀行が”マルチアセット・ストラテジーファンド 愛称:なごみの杜”の募集を開始いたします。 岡崎信用金庫に続き、2社目の販売会社となりましたのでここにお知らせ申し上げます。 プレスリリースはこちらとなります。

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第26回】: 日本株、中国株、金…もっとも「リスク値」の高い投資対象は?

「リターンの大きさ」にばかり気を取られがちだが… 投資家の多くは、投資対象が何であろうと、どれくらいのリターンを得るかということに心血を注ぎます。リターンは大きいに越したことはありませんが、注意しないといけないのは、どの程度のリスクを取って…

2019年1月及び2月のセミナースケジュールをアップデートしました。

2019年1月及び2月のセミナースケジュールをアップデートしました。 ぜひご参加ください!! 詳細・申し込みはこちらです。 ↓↓ www.gci.jp

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第25回】: イェール大学が多数の「金融人材」を輩出できる理由

イェール大学ビジネススクールの「3つのミッション」 本連載第23回(関連リンク『最新決算から見る「米国エンダウメント」の運用パフォーマンス』参照)で、米国エンダウメントの2018年度トップ・パフォーマー(リターン+15.7%)であるボウディン大学を紹…

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第24回】: 一部の米国エンダウメントが「仮想通貨」で運用をする背景

「投機」対象の感が否めない仮想通貨だが… ここ数年、新たな投資対象として、ビットコインをはじめとする仮想通貨(Cryptocurrency:暗号化技術が使われているため、仮想通貨よりも暗号通貨と呼んだほうが正確)が注目されています。 仮想通貨の将来性につい…

GCIアセット・マネジメントのFXストラテジストの記事をご覧ください。

GCIアセット・マネジメントのFXストラテジストの記事をご覧ください。 www.bloomberg.co.jp

今回の相場変動にともなうレポートをお届けします。:「10月月央のGCIエンダウメントファンド(成長型/安定型)の運用状況について」

先週の相場変動に関する、GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型)のレポートをお送りいたします。こちらのリンクでご覧いただければさいわいです。↓↓ ttps://bit.ly/2PAj0DM 今後ともよろしくお願い申し上げます。

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第23回】: 最新決算から見る「米国エンダウメント」の運用パフォーマンス

イェール大学のパフォーマンスを支える「未公開株式」 米国大学のエンダウメントは年度ごとに運用され、毎年6月に決算を迎えます。ちょうどこの時期は、2018年度(2017年7月1日~2018年6月29日)の決算内容が発表されるタイミングとなっています。今回は、各…

GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型):月次報告書(9月末基準)のご案内

2018年9月末基準の月次報告書をお送りいたします。先月のハイライトは次の通りです。↓↓https://bit.ly/2IKTMAe =========<今月を振り返って>(中略)3年目の節目を迎えて、一年に一度の基本資産配分の見直しを行いました。基本的な姿勢としては、…

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第22回】: 米国エンダウメントの「不動産投資戦略」最新事情

安定的なインカム収入・キャピタルゲインへの期待 先般、ハーバード大学エンダウメントが、不動産投資の一部(倉庫物件)を大手オルタナティブ運用会社のブラックストーンに売却したという報道がありました。日本では不動産投資の一種であるリート、特に米国…

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/