エンダウメント投資戦略

世界最先端の投資戦略について解説します!

「元本確保型投資信託」が元本保証できない理由

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 ===

日本で販売されている投資信託(ファンド)は約5000本と言われています。毎月30~40本の新規ファンドが設定され、ほぼ同数のファンドが償還されます。したがって、世の中で出回っているファンド数は、ほぼ5000本とほぼ毎年変わりません。

投資家はこれだけの中から選ぶわけですから、まずご自身で目的に合ったファンドを選ぶというのは至難の業と言っていいでしょう。

さて、この膨大な数の投資信託の中で、、、

(これ以降はLIMOでお読みください。)
===

limo.media

ハーバード大学はどんな企業に投資しているのか? 

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 ===

日本ではあまり知られていませんが、米国では1億ドル(約113億円)超の運用資産を保有する機関投資家は、四半期ごとに米国証券取引委員会(SEC)に13Fと呼ばれる米国上場株式の保有明細レポートを提出しなければなりません。

 

機関投資家とは銀行、証券会社、年金基金投資顧問会社などで、ハーバード大学やイェール大学などの大学基金(エンダウメント)もその中に含まれます。

さて、、、

(これ以降はLIMOでお読みください。)
===

limo.media

 

投資信託で「しまった…」となる前に知っておきたい下値変動リスクとは ~ソルティノ・レシオって何?~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 ===

値動きのあるリスク資産、たとえば株式や為替、そして投資信託等を運用されている個人投資家のみなさんは、その運用成績をどのように判断されているでしょうか。

 

AとB、どっちが優れている?


仮に、ファンドAとファンドBと2本のファンドを持っているとしましょう。ファンドAのリターンは年10%、ファンドBのリターンは年15%だったとします。どちらが優れたリターンを出していたかというと、、、。答えはファンドBとなりますよね、普通は。

ところが、、、

(これ以降はLIMOでお読みください。)
===

limo.media

それでも人はポテトチップスを食べる 〜シュリンクフレーションの時代~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 ===

日本のインフレ率は190カ国中174位

日本のインフレ率は2000年代に入りマイナスとなり、その後一時的に上昇したものの足元では再びコンマ数%に下落。世界のインフレ率ランキングでも190カ国中174位と、ごく低位に推移している国の一つとなっています。

日銀はかなり頑張って、2013年1月に「『物価安定の目標』を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、これをできるだけ早期に実現する」という約束をしているものの、、、

(これ以降はLIMOでお読みください。)
===

limo.media

 

不動産投資の本質は家賃収入だけではない ~うまくいく確率を上げるには?~

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 ===

不動産大手CBREの調査レポートによれば、東京主要3区(千代田区中央区、港区)の賃貸商業ビル※の需給動向は相変わらずタイトとなっています(※坪当たり2万7000円から5万000円までの大規模・中小規模の賃貸商業ビル)。

日本の経済成長率が1%そこそこであるにもかかわらず、、、

(これ以降はLIMOでお読みください。)
===

limo.media


日本人はみんなバランスファンドを買っている!? 年金積立金はどう運用されているのか

LIMOへの配信記事をお送りいたします。

 

===
みんなバランスファンドを買っている」と聞けば、いやそんなファンド買った覚えはないとおっしゃる方がほとんどでしょう。でも資産運用に興味がある方もない方も、好むと好まざるとにかかわらず、みんなやっぱり “バランスファンドを買っている”のです。

(これ以降はLIMOでお読みください。)

limo.media

新販売会社加入のお知らせ:”マルチアセット・ストラテジーファンド 愛称:なごみの杜”

掲題の件、本日より株式会社東和銀行が”マルチアセット・ストラテジーファンド 愛称:なごみの杜”の募集を開始いたします。


岡崎信用金庫に続き、2社目の販売会社となりましたのでここにお知らせ申し上げます。

 

プレスリリースはこちらとなります。

 

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第26回】: 日本株、中国株、金…もっとも「リスク値」の高い投資対象は?

「リターンの大きさ」にばかり気を取られがちだが…


投資家の多くは、投資対象が何であろうと、どれくらいのリターンを得るかということに心血を注ぎます。リターンは大きいに越したことはありませんが、注意しないといけないのは、どの程度のリスクを取ってそのリターンを実現したかということです。

エンダウメントのみならず、機関投資家は厳格なリスク管理をした上で運用しますが、、、(以下は本文をお読みください)

 

gentosha-go.com

個人投資家のための「米国名門大学のエンダウメント投資戦略」入門【第25回】: イェール大学が多数の「金融人材」を輩出できる理由

イェール大学ビジネススクールの「3つのミッション」


本連載第23回(関連リンク『最新決算から見る「米国エンダウメント」の運用パフォーマンス』参照)で、米国エンダウメントの2018年度トップ・パフォーマー(リターン+15.7%)であるボウディン大学を紹介しました。実は、同大学の運用責任者はイェール大学の卒業生であるPaula Volent氏です。


イェール大学は資産運用業界に多くの優秀な人材を輩出します。今回は、なぜイェール大学がそうした人材を輩出できるのか、その背景について考察していきます。

(ここからは本編をご覧ください。)

 

gentosha-go.com

<ご留意事項>
  • 当ページは、株式会社GCIアセット・マネジメント(以下「当社」といいます)が、情報提供を目的として作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料(目論見書)や販売用資料等ではありません。
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません
  • 当資料記載のデータや見通し等は、将来の運用成果等を示唆または保証するものではありません。
  • 当資料は、信頼できると考えられる情報をもとに作成しておりますが、正確性、適時性を保証するものではありません。
  • 当資料の内容は、作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当資料に記載されている個別の銘柄・企業名については、参考として記載されたものであり、その銘柄または企業の株式等の売買を推奨するものではありません。
  • 各指数に関する著作権等の知的財産、その他一切の権利は、各々の開発元または公表元に帰属します。
  • 当資料に関する一切の権利は、引用部分を除き当社に属し、いかなる目的であれ当資料の一部または全部の無断での使用・複製はできません。
株式会社GCIアセット・マネジメント
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第436号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入
一般社団法人投資信託協会加入
http://www.gci.jp/